風俗通いは離婚の理由になるのか
2017.04.26

オフィス今回は「風俗通いは離婚の理由になるのか」について考えていきます。
風俗通いということで、対象となるのは男性であるのが一般的な見方かもしれません。

しかし、女性の「ホスト通いはどうなのか?」というのも気になるところですよね。
ぜひ併せてご確認ください。

▽風俗通いは不貞行為?
夫婦の間には貞操義務というものがあり、不倫等の不貞行為が生じた場合にはこの義務を違反したことにより、離婚が成立する場合があります。

しかし、風俗通いは不貞行為にあたるとは必ずしも言えず、ケースバイケースという場合も多いです。
また、風俗通いは不倫などに該当させるのはとても難しいですが、精神的損害により「婚姻関係を破綻させた」と認められた場合には、離婚の理由として成立します。

より具体的に言うと、夫がどれだけの頻度で風俗に行っているかというのも、客観的な事実として加味されますから、裏取りが可能であればしておいた方が良いでしょう。

しかし、風俗通いが妻の公認であった場合には、そもそもの論点が違ってきますから、そのあたりはよく注意しましょう。

▽風俗通いによる離婚慰謝料の相場は?
風俗通いによって生じる離婚慰謝料の相場は、100万円~300万円になるとされていますが、それはケースによって違ってきます。
このケースというのは、前述した夫の風俗通いの頻度や、離婚に至るまでの夫婦の関係性などが加味されるためです。
「風俗通いに至ったのは、夫婦間のセックスレスが原因だ」というのは、男性がよく使う理由ですが、この言葉にも一定の力があるということになります。
離婚を決意するにしても、それに伴う慰謝料の請求にしても、よくよく吟味してから実行に移す必要があるでしょう。

また場合によっては、風俗通い自体で慰謝料を請求するのは難しいと判断する弁護士もいます。

▽女性のホスト通いは離婚の理由になるのか
女性によるホスト通いも、離婚の理由になり得ます。
もちろん、女性の場合も男性の風俗通い同様に、夫婦のこれまでの関係性が加味される傾向にあります。

また女性がホスト通う理由には、「夫を男として見られなくなった」というのが、かなり多く挙げられますが、この背景には「セックスレスにより男性が精神的損害を受けている」といった場合もあり、慰謝料を請求される恐れがあります。

特にホスト通いには多額の借金を伴う可能性もあるため、夫からの慰謝料の請求と合わせると経済的にかなり追い込まれるという事実は、重々承知しておかなくてはなりません。

▲ ページトップへ