慰謝料の定義
2017.04.26

キーボード離婚を考えた時、あるいは誰かに離婚を相談する時、必ず考えなくてはならないのが「慰謝料の定義」です。
慰謝料ってそもそもどういうものなのか?離婚の時に慰謝料を要求する時はなぜ要求するのか?

そのことについて知っておかなければ、スムーズに離婚問題を語ることはできません。

▽慰謝料の法律的根拠とは?
慰謝料という言葉は、日本の民放710条で明確な定義がなされています。
ひらたく説明すると、『精神的損害に対する損害賠償金。精神的損害には、所有物の破損、肉体的苦痛、悲嘆、恥辱等の精神的苦痛を指す。他にも不法行為(身体侵害、自由や名誉への侵害)によっても精神的損害に値する』といった具合になります。

法律の文面は少し難しいですが、一度目を通してみて、ご自身で抱えていらっしゃる問題がどの項目に収まるのかは考えてみる必要があるでしょう。

▽浮気・不倫も慰謝料に含まれる?
結論から言いますと、浮気や不倫も慰謝料を請求するに値する問題となります。
ただ、浮気や不倫によって「別居」や「離婚」に至るかどうかというのも争点になるようで、ケースバイケースというのが正直なところです。

もし、弁護士へ相談する場合には、浮気や不倫の事実を把握するだけでなく、それによって生じた二人の関係の変化や生活や精神への支障についても把握しておかなくてはなりません。

▽離婚慰謝料の支払いの方法
離婚によって生じる慰謝料を「離婚慰謝料」と呼びます。
これにより、離婚原因をつくった側は、一方に慰謝料を支払う義務が生じます。
この時には、「離婚協議書」や「公正証書」等を作成し、適正に支払いが行われるように取り計らいます。
離婚の際は、この離婚慰謝料を協議(相談)によって決める場合もあれば、円満離婚という言葉に表されるように、慰謝料が発生せずに離婚が成立する場合もあります。

▽離婚は勢いですることもあるけれど…
ちなみに、離婚によって発生する慰謝料は、「離婚後3年以内にも請求する権利」が生じます。

離婚をする方のなかには、「大喧嘩した勢いで離婚をしてしまった」、「離婚する時にバタバタして慰謝料のことまで考えられなかった」、「やはり慰謝料をもらわないと当面の生活が厳しい」といった事情を抱えている方がいることも事実です。

そのため、この離婚後3年以内にも請求する権利が生じることは、よく念頭に置いておくべきでしょう。
離婚した瞬間に慰謝料がもらえなかったからといって焦る必要もなければ、慰謝料を受け取らなかった自分を悔やむ必要はありません。
弁護士に相談しながら、よく吟味してみてください。

▲ ページトップへ